2012年10月25日

Takahiko kozuka 2012 スケートアメリカ Exodus ステップ解析


FOIから少し変更ありましたので新しくしました

1  フォアクロス(ラン)
2  LFO-RBO アウトモホーク
3  LBI クロス
4  RFI ストローク
5  RFI-LBO チョクトー
6  LBO-LBI チェンジエッジ
7  RBO 踏みかえ
8  RBO-RFI−RBO ダブルスリー 
9  RBO ループ踏切のハーフジャンプ
10  RFI ストローク
11  LFO 一瞬両足?
12  RFI−RBO ブラケット
13  RBO-RFO カウンター
14  RFO-RBO ロッカー
15 トウステップ
16 RBI クロス
17 LFO-LBI フリーレッグ振上げ回転(※軸足はスピンの入りと同じ)
18 RFI−RBO ウインドミル(※軸足はバックスピンの入りと同じ)
19 LBI クロス
20 RFO-RBI スリー
21 RBI ループ?
22 ストップ 天を仰ぎみる
23 2歩走る
24 LFO-LBO ロッカー
25 LBO-LFO カウンター
26 LFO ループ
27 RFO/LFI 両足で回転(※)
28 トウで立ってストップ
29 RBI クロス
30 RBI-RBO チェンジエッジ
31 LBI クロス
32 RFO CWツイズル
33 RBI-RBO チェンジエッジ
34 RBO-RFO ロッカー
35 RFO-RBI ブラケット
36 LFI ストローク  
37 RFO クロスビハインド
38 RFO-LBO アウトモホーク
39 RBI クロス
40 LBO 踏みかえ
41 逆回転トーループ踏切ハーフジャンプ
42 LFI-LBO スリー
43 トウステップ
44 RBI クロス
45 ホップ−左トウ−RFI(※)
46 RFI-RBO スリー
47 LBI クロス
48 LBI CCWツイズル
49 RBO ラン
50 RBO-LFI-RBO 連続チョクトー
51 RBO トウループ踏切のハーフジャンプ(だけどほとんど前向き)
52 RFI-RBO-RFI-RBO 連続ダブルスリー(最初はランジで)
 

前回、上半身が弱いとか書いてごめんなさいいいい
と叫びたくなるくらいに素晴らしいステップでした!

ナンバリングが52までになっておりますけども、ステップが増えたわけでは
なくて、細かく書いてるだけです。あとちょっと自分の認識が違ってたかな?
というところを修正しています。

最初のほうのループ踏切のハーフジャンプの後にあったスリーが前になったのと
34のロッカー後のステップが少し順番が変わってるくらいで
内容にほぼ変わりはありません。
しっかりと深いエッジを使い、上半身の動きに気を付ければ
レベル4が取れるステップだと思います。

順番をいじるのは、その方がしっくりくるとか見栄えがいいとか
そういう理由です。
ダブルスリー後のハーフジャンプ、いい感じですね。


スケアメでのレベル判定はかなり厳しいなーと感じました。
レベルが2ということはおそらくターンやステップがきちんとなされていない
という判断なのだと思いますけども。
映像でわかるのは最後のチョクトーのLFIが怪しいな、ってくらいです。


あとレベルについてはこのエントリーなんかも読んでみて下さい。
羽生選手に学ぶ!ステップレベル4の取り方

あ、あとテクカルパネルハンドブックの日本語版が出てましたので
貼っておきます。
ISUテクニカルパネルハンドブック2012-2013

ちなみに去年も書きましたが1,2と34,35でやってるモホーク〜クロスの動きが
4ステップ(ふぉーすてっぷ)といいます。
スケーターの基本中の基本ですので覚えると捗るかもしれません。
実は私も4ステップは得意技ですッ(`・ω・´)

posted by mico at 00:00| Comment(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。