2012年11月12日

Victoria Helgesson 2012ロシア杯SP ステップ解析




スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン選手は
スケーティングと、ステップやスピンの上手さには定評のある選手です。
とくにステップでは毎試合レベルをきっちりとっていることで
ファンにはお馴染みの選手。
昨シーズンからステップ解析やりたいなあと思っていました!
衣装やヘアスタイルのトータルコーディネートも毎回素敵だなあって思います。

アメリカ大会でも一人堂々のレベル4を獲得したステップです。yeah!

ストップしてかがんだ状態から
1.キック
2.ポーズ
3.LBI〜シャッセ
4.LBI-LBO チェンジエッジ
5.RBIクロス
6.LBIウェイトシフト(体重移動)
7.LBIループ
8.RBIウェイトシフト
9.LBOクロス
10.RBIクロス(ラン)
11.RBI-RBO チェンジエッジ
12.RBO-RFI スリー
13.RFI-RBO ブラケット
14.LBO クロス
15.RBI-RFI ロッカー
16.RFI-RBI カウンター
17.RBI-RFI カウンター
18.ホップしてLBIにのりかえ(モホークの動き)
19.ホップしてLFI(カウンターの動き)
20.LFI−LBOスリー
21.CWツイズル
22.インサイドイーグル
23.RBO クロス
24.LBI フリーレッグをちょんちょん
25.RBI ウェイトシフト
26.LBI ループ
27.ストップ 横にぴょんぴょん
28.RFI−RBOスリー
29.LBIクロスふか〜く(右手が氷に触れるような振り)
30.LBI−LFI カウンター
31.CWツイズル
32.LBO ループ
33.RFO ストローク
34.LFI クロス
35.LFI-LBO ブラケット
36.RBIクロス
37.RBI−RFIカウンター
38.CCWツイズル
39.RBO−RFOロッカー
40.RFO−RBIブラケット
41.イナバウアー
42.LBOクロスロール フリーレッグ振り上げ


ターン・ステップの多様さ
スリーターン、ツウィズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカー
6つのターン全て両方向に1回以上
ステップはチェンジエッジとランはわかるんですが…もうひとつがみつけられない。
私の勉強不足ですね、すみません。

難しいターンの組み合わせ
15.RBI-RFI ロッカー
16.RFI-RBI カウンター
17.RBI-RFI カウンター

30.LBI−LFI カウンター
31.CWツイズル
32.LBO ループ

37.RBI−RFIカウンター
38.CCWツイズル
39.RBO−RFOロッカー
40.RFO−RBIブラケット
以上3か所が該当します。うん。実に多彩ですね。

両方向への回転と上半身についてはレベル4を獲得してるということで
省略します。


ヴィクトリア選手のステップは
ひとつひとつのターンのカーブが深く、入りと出のエッジもはっきりとしているため
ターンがしっかりカウントされ、レベルを獲得できているのだと思います。
エッジ1
彼女のターンはこのような深いカーブを描いているのがわかると思います。
深いカーブ=深いエッジです。エッジを倒すと自然と強いカーブが生まれます。

↓こちらは悪い例。
浅いエッジ
カーブが浅く、入りと出のエッジもはっきりしません。
このようなターンだとカウントされにくいです。

それからターン後もすぐに次の動作に移るのではなく、
ヴィクトリア選手はしっかりと1秒くらいはエッジに乗っている印象です。

それらをしっかりこなしつつ、魅せるところは魅せる。
両手を上げ、上を向いたり、腰を深く曲げたり、止まって踊ってみせたり。
ジャズのポインシアーナという曲ですが、
真夏のちょっとけだるい午後といった雰囲気でかっこいいですよね。
posted by mico at 00:00| Comment(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。