2013年01月08日

小塚崇彦「序奏とロンド・カプリチオーソ」ステップ解析 後編

後編はコレオグラフィックシークエンスです。

トウステップ(CCW)
4ステップ
小スリージャンプ
トウステップ(CCW)
RFOクロスからスリー
左トウホップ
右トウホップ
左トウホップ
クロス
逆ルッツ踏切ハーフジャンプ
キャーリング
両手を上げてトウでストップ
LBIからトウステップ(CCW)
クロス
前向きにトウステップ
4ステップ
RBOでホップ(足を打ち付ける)
逆ルッツ踏切ハーフジャンプ
4ステップ
逆スリー小ジャンプ
クロス
トウステップ(CW)
RBI
LFOデスドロップ
そのまましゃがみながら回って起きてクロス
トウステップ(CW)
一瞬イーグル
LFOスリー
RFOスリー

トウステップ多すぎ!w
スケートのトウで立つのって結構大変なんですよ。
それでスピードをある程度維持したままやるとなると
けっこう足に負担かかるんじゃないかなって。
何度も言うけど後半の後半でこのあとに3+3跳ぶのって
すごいなあ・・
途中ホップが続くところがありますけれども、そこのフリーレッグの
使い方がバレエ的になるともっと素敵なんじゃないかな、と思いました。
ちょっとランビエールさんあたりにやってみて欲しいなあ…



posted by mico at 00:19| Comment(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。