2013年03月23日

Yuna KIM 2013World FS ステップ解析



キム・ヨナ選手の演技には感服いたしました。
素晴らしいジャンプと淀みのないスケーティング。
音楽構造にぴたりとはまったステップシークエンス。
全てに余裕が感じられました。
私もこういう演技がしてみたいです^^;
彼女のジャンプは余裕をもって回転をしっかり止めて降りてくるから
降りた後も流れがあります。
回転を止められないと、降りたエッジに乗っていられませんからねー。
さて、ジャンプの話はこの辺にして。

キムヨナ選手フリーのステップは
1つめのトリプルサルコ―を跳んだあとです。

トリプルサルコー→クロス
1.トウホップ
2.RFIロッカー
3.RBIカウンター
4.RFIツイズル
5.LFOウインドミル
6.RBO
7.逆ルッツ踏切のハーフジャンプ
8.トウをついた足(左足)のトウで降りてRFO
9.右足のすぐ近くに左足(LFI)を置く(シャッセ)
10.LFI-RBIオープンモホーク
11.クロス
12.RFI-LBOクローズドチョクトー
13.クロス
14.LFOでフリーレッグ振り上げ半回転ジャンプ
15.左トウで降りて前向きRFI
16.イナバウワー半回転(軸足はRFIスリーかな)
17.RBO-LFI-RBOチョクトー
18.クロスしながらRBIにチェンジエッジ
19.RBIロッカー
20.RFIブラケット
21.クロスしながらRBIにチェンジエッジ
22.左トウステップ
23.クロスで深く頭を下げる
24.RFO
25.LFIツイズル
26.LBOカウンター
27.LFOループ
28.トウで止まる
29.クロス
30.RBIループ
31.LBOに踏みかえてカウンター
32.両足で手を上に
33.上半身を深く折ってキャーリング(ピボットとも言うかも。調べとく)
34.起きてクロス
35.左のトウで立つ
36.RFOストローク
37.クロス
38.RFI-LBIオープンモホーク
39.LBI-LFO-LBIダブルスリー(フリーレッグはアチチュード)



ロッカー、カウンター、ツイズル、ループが両方向に行われています。
難しい3つのターンの組み合わせは2〜4、25〜27です。
ターンの数は多くはないものの、ひとつひとつ確実にこなしている
という印象です。

NRWの演技と比べてみると、内容も少し変わってますが何より
全ての動きがはっきりとクリアーになっています。

6.のRBOとか25.のツイズル後のフリーレッグがぴーんと
伸びていて綺麗ですね。このフリーレッグを伸ばすことによって
スケーティングに伸びが生まれています。
ジャンプの着氷時にも言えることです。
あとループも回ったあとにしっかりフリーレッグを伸ばして
中途半端に終わらないように確実に描いています。
こういうフリーレッグの使い方が上手いなと思います。
それから上半身の使い方。
14〜16とか32〜33の上下動の仕方がとてもスムースでこなれてて
かっこいいです。キムヨナ選手はこういう動きが得意ですよね。

そして前半は曲の盛り上がりに合わせて
スピーディーにダイナミックな動きを、On my ownに切り替わった後は
スローで柔らかく女性らしい動きを取り入れており、
シークエンスの中で曲調に合わせてはっきりとした演技の
変化があるのも良いなーと思いました。







続きを読む
posted by mico at 20:00| Comment(3) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。