2011年10月25日

ステップ解析その1 小塚崇彦選手2011-2012FS「ナウシカ」CiSt

今シーズンはステップのターンを見分けることにはまっているので、
それじゃあ選手のステップシークエンスを全部書き出してみようかい、という企画です。
第一回は小塚崇彦選手「ファンタジー・フォー・ナウシカ」、
サーキュラーステップシークエンスです。



GPSスケートアメリカにおいて、Lv4を獲得したサーキュラーステップ。
今シーズン、シングルのステップにおいてレベル獲得の条件がやや緩和されて
レベルが取りやすくなりました。その内容についてはこちらを参考に。
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/2011-12hb_single_j.pdf

ではさっそくいきましょう( ´θ`)ノ
どこからがステップなのか、が難しいですが
最初のスピンのあと、両手を胸の前で合わせる振付のあとから。

1 右足でストップ
2 左足でトウステップ
3 イーグル
4 アウトモホーク
5 左ストローク
6 RFIスリー
7 チョクトー
8 RBOスリー
9 RFIツイズル
10 ストップ
11 ホップしてRBIに乗る
12 クロス
13 RBIスリー
14 RFOロッカー
15 RBOカウンター
16 RFOブラケット
17 イナバウアー
18 クロス
19 LBOループ
20 トウステップ
21 かかとで立つポーズ
22 LFOループ
23 トウステップ
24 アウトモホーク
25 クロス
26 LFOダブルスリー
27 LFOカウンター
28 LBOカウンター
29 LFOブラケット
30 RBIツイズル(ここで手を上下に)
31 スリージャンプ
32 がに股イーグル
33 クロス
34 4ステップ(モホーク)

おそらくこの辺で円は閉じていますが、
らんらんが終わるところまでw

35 RFOスリー
36 トウステップ
37 ロッカーみたいなステップ
38 シャッセ
39 クロス
40 フリーレッグを前に



スリー、ツイズル、ループ、カウンター、ブラケットを両方向に、
トウステップやイーグルをこれでもか!と詰め込んだゴージャスなステップだと思います。
レベルを上げるための要件、難しいターンの組み合わせは
14〜16、27〜29の部分だと思われます。
ターンの種類はほとんど同じですが14〜16は右足で、27〜29は左足で
それぞれ行われており、左右の差なくステップを踏めるという
小塚選手の強みを生かした構成だなあ、と思いました。ターンも正確で美しいです。

12/5追記
34の4ステップについて!
「らんらんらんらん らららららん」の「らららららん」の音で小塚選手がくるっと
回っているのが4ステップなんですが、これはちょっと変わっていて
1の足がクロスビハインドといって後ろ側から差し込むようにクロスしてます。
アイスダンスでよく見かけますよね。このためちょっと一見、足がどうなってるのか
わからない〜と混乱しましたw
ナウシカでもうひとつわかりやすい4ステップは
ウォーレイジャンプの前に入っています。
posted by mico at 00:00| Comment(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。