2014年01月04日

Satoko Miyahara 2013全日本SP 戦場のメリークリスマス

宮原知子選手のSPは最初がステップシークエンスという珍しい構成です。



演技冒頭から。

1.右トウ
2.LBOで滑る
3.右トウで後ろにステップしRBOで滑る
4.クロスビハインドで深くかがむ
5.左トウで伸びあがる
6.トウで走る
7.RFIスパイラル
8.RFIスリー
9.RBOツイズル
10.両足を縦にスプレッドして回転
11.トウで止まってポーズ
12.右足を大きく蹴ってLBOストローク
13.RFI-LBO-RFI連続チョクトー
14.軽くホップしつつクロス
15.LFOループ
16.右トウをついてLFOで滑る
17.RFOストローク
18.LFIシャッセ
19.LFI-RBIオープンモホーク
20.RBIロッカー
21.RFIブラケット
22.RBOカウンター
23.スイングロール
24.チェンジエッジ
25.RFI-LBIオープンモホーク(上半身を大きく使いながら)
26.右足を置いてCCWへターン
27.LFO、右足でもう一度蹴り出してLFOストローク
28.LFOスリー
29.RBIに乗って深くかがむ
30.RBIツイズル
31.RBIロッカー
32.RFIカウンター
33.そのままRBIで深くかがむ
34.左トウをついて回転
35.RBOストローク
36.両足をそろえる
37.RBIで深くかがんでからループ
38.トウホップ
39.LFO
40.小さくスリージャンプしてクロス
41.チェンジエッジしてクロス
42.RFO-LBOクローズドモホーク
43.クロスフロントで深くかがむ
44.そのままLBIで踏み切ってハーフジャンプ
45.右トウで降りてLFI
46.LFIブラケット
47.LBOカウンター
48.LFOロッカー
49.RBO-LFI-RBO連続チョクトー
50.クロスフロント
51.RFIで深くかがむ
52.ウインドミル
53.フォアクロス
54.LFI-RBIオープンモホーク
55.チェンジエッジ
56.RBOスリー
57.RFI-LBIオープンモホーク


演技冒頭から50秒にも及ぶ美しいステップシークエンス。
最初のトウを使った動きや、深いインサイドエッジに乗ったスパイラルからの
ツイズルなどに魅せられ、グッと演技に引き込まれます。
もうその時点で、このプログラム好きだなあと思いました。

ツイズル、ループ、ロッカー、カウンター、ブラケットが両方向に入っているレベル4の
ステップで、技術的にも申し分ないですね。
難しいターンの組み合わせは20〜22、30〜32、46〜48と3か所入っています。
足の運び方が基本に忠実で美しく、丁寧で、とてもいいなあと思いました。
おそらくジャッジにも好印象。
上体の使い方もうまく、大きく動いても、滑りのスピードを失わず伸び伸びとしています。
じゅんじゅんが、解説で『素敵なステップですね』っていうんですけど
私も同じ感想です。素敵なものは素敵なんだからしょうがない(笑)
点数的にも高い評価を受けているのは納得!です。

オリンピック代表には残念ながら選ばれませんでしたが、めげずに
このまま進んでいって欲しいと思います!



posted by mico at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

Takahiko Kozuka 2013全日本SP "UNSQUARE DANCE"

今シーズンのSP、アンスクエアダンスは
変拍子のジャズに乗って小塚選手が生き生きとした躍動をみせる傑作です。
なかでも素晴らしいのが、シェイリーンの感性と小塚選手のエッジさばきが
奇跡のマリアージュをみせるステップシークエンス!
なんて、初っ端から褒めちぎってみました。
こういう音楽を選んで、そしてモノにしてしまう小塚選手はやっぱりかっこいい、と再認識。
あとは胸のあたりのもっさりした衣装をちょっとなんとかゲフゲフ…





動画の2:50あたりからです。

ひげダンスして、くるっと回って
1.ホップ
2.RFI-LBOチョクトー
3.LBOカウンター
4.クロスフロントで手ゴシゴシ
5.左足の方に体重移動
6.LFI-RBIクローズドモホーク
7.LFIスリー
8.RFOツイズル
9.RBIロッカー
10.RFIカウンター
11.LFIから大きくホップしながら頭の上で手をパン!
12.ビハインドシャッセ
13.チェンジエッジ
14.LFIブラケット
15.LBOカウンター
16.LFOループ
17.クロスフロント
18.RFIロッカー
19.バッククロスしながら頭を抱える
20.RBIで両手広げる
21.逆フリップ踏切のハーフジャンプ
22.LFI-RBOチョクトー
23.チェンジエッジ
24.RBIループ
25.LFI
26.RFO-LBOクローズドモホーク
27.クロスフロント
28.逆フリップ踏切ハーフジャンプ(軽め)
29.足を前後に交差させるトウステップ
30.LFOロッカー
31.チェンジエッジ
32.LBIツイズル
33.RFIスリー
34.RBOツイズル
35.トーループ踏切ハーフジャンプ
36.クロスフロント
37.RBOに踏みかえ
38.ビハインド位置にトゥをちょっと突く
39.クロスフロント
40.RFOに出て
41.LFIロッカー
42.RFIに踏み出して一瞬イナバウアー
43.RFIスリー
44.RBOツイズル
45.LFOスリー
46.RBIにウェイトシフト
47.クロス

スリー、ツイズル、ループ、カウンター、ロッカーが両方向に行われているレベル4のステップ
です。難しいターンの組み合わせは8〜10と14〜16。この部分のエッジワーク、ひとつひとつの
ターンごとに伸びていくスケートはさすがです。

が、何よりもこの複雑怪奇なステップをこのスピードで滑っていくのがとにかく凄いです!
さりげなくトウを入れたりハーフジャンプ入れたりしてて、
難しいんですけど簡単そうにやってみせている。
音楽が盛り上がるのに合わせてトウステップやツイズルで走っていく後半、
どうして足がもつれないのか不思議なくらいです(笑)

実は何をやってるのか判別しづらい部分があって(最初のモホークあたり)、
ステップ解析はちょっとあきらめかけてたんですが、4大陸に向けて応援する気持ちで
やっとこさ完成させました。
たかちゃんのスケーティング、やっぱりもっと見ていたいですね。






posted by mico at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

Patrick Chan 2013TEB コレオステップシークエンス

パトリックちゃんがついにTES100をクリアー!
このめでたいトピックスに合わせて
フリーのコレオシークエンスを解析させてもらいますっ。
素晴らしいよね。大好き。



ダブルアクセルを降りて少しのホップをはさみ、逆回りのカーブに入っていますが
何気なくやっているようでこれも難しい。

スリーターンを2回
チョクトウ
クロス
カウンター回転のホップ
FIロッカー
踏みかえてBIロッカー
もう一度踏みかえてFIロッカー

ループ踏切で一回転半(前向き降り)
ランジしながらスリー
シャッセ
FIブラケット
クロス
トウを使ってホップ
チョクトウからホップ(足を打ち付ける)
ふたたびホップ
もういっちょホップ
クロス
BOカウンター
スリー
ホップ
ホップ(足を打ち付ける)

みどころは前半のリズミカルなロッカーの連続
そして後半の怒涛のホップの連続でのリズム感、フリーレッグの処理の美しさ。

ホップして足を打ち付けるやつはバレエだとカブリオールとか言うんだと
思いますが、スケート靴履いてこれやるのって絶対キツイ。
相当な体幹の強さ、そして体力が残っていないと
このステップをプログラムの最後にやるのは厳しいです。
しかも氷上で滑りながら。
(陸上でも真似できると思うのでやりたい人はやってみてくださいw)


しかし、このコレオステップのGOEがジェイソン・ブラウン選手より低いと
twitterでみてショックを受けましたw

わかってねーなISUジャッジも・・・

posted by mico at 23:20| Comment(2) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。