2013年09月15日

Daisuke Takahashi 2013FOI ヴァイオリンのためのソナチネ ステップ解析

FOIで初披露されたオリンピックシーズンのSP。
eyeの頃より滑りと体の動きが柔らかくなった、
「今の大ちゃん」にぴったりと合ったプログラムだなと感じました。

けっこうな勢いでやっつけです。動画は自分で探してね!
1.cwトウステップ
2.右クロス
3.左フォアイン
4.右FOロッカー
5.左クロスビハインド
6.左BOダブルスリー
7.右クロスフロント
8.左フォアアウト(イン→アウトなのでチョクトウという人もいるみたいだけど
        簡単すぎるためこれをチョクトウという人は現場にはいません)
9.左FOスリー
10.右バックアウト
11.左フォア
12.右FI深いクロスからブラケット
13.右BOカウンター(ちょっと左足サポートが入ってるぽい)
14.右FOツイズル
  この辺すごい水しぶき…新横ェ
15.左BOー右FIー左BO 連続チョクトウ
  賢二先生はバックアウトから入るこのチョクトーが好きですねえ。
  私はフォアイン→バックアウト→フォアインというのが正統派で好き。

16.ルッツ踏切でハーフジャンプ
17.右FIスリー、上半身を大きく使って
18.左フォアストローク
19.シャッセ
20.左FOロッカー
21.左BOカウンター
22.左FOループ
23.トウをついてストップ
24.クロス
25.左足を前に出して
26.右BIループ
27.右バックインからBOにチェンジエッジして
28.左クロスフロント
  この辺は映ってないけど練習映像+想像で処理

29.右フォアアウト
30.左クロスビハインドシャッセ
31.右フォアアウト
32.左フォアイン(シャッセ)
33.LFIブラケット
34.右クロスビハインド
35.右BOツイズル
36.左回りキャーリング
37.右BOスリー
38.右FI−左BIモホーク
39.右バックアウトストローク
40.左FIー右BO チョクトー
41.左BOスリー
42.両足で回転
43.右バックインスリー
44.クロス
45.左FIスリー
46.右足シュタッ!

スリー、ツイズル、ループ、ロッカー、カウンターが両方向に行われています。
難しいターンの組み合わせは12〜14、20〜22ですね。
すげえですこのステップ。練習映像で転びまくってたのは23〜26のあたりなんですが
ちょうど本編で足元映ってないっていうw
そこ以外にも転びそうで転ばない超絶バランスステップが多々あるんですが
33のブラケットからの44で止まるとこまでの流れが神がかってると思います!
オリンピックでこれが観られたら・・・もう、わくわくしますね!






posted by mico at 18:38| Comment(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

Mao Asada THE ICE2013 ノクターン ステップ解析

かなり久しぶりになりました。
新しいシーズンがスタートし、新プログラムも続々と披露されて
わっくわくの今日この頃。しかし、暑すぎです。死にます。
死にものぐるいでだらだらと汗を流しながらやったステップ解析です。
ループジャンプのあとから。



1.LFO(アラベスク姿勢)
2.RFIスリー
3.両足でターン
4.RBO
5.チェンジエッジ
6.RBIループ
7.LFO-RBOクローズドモホーク
8.クロス
9.RFO-LBOクローズドモホーク
10.ホップ
11.RFOからLFIに踏みかえ(シャッセ)
12.LFI-LBOブラケット
13.LBO-LFOカウンター
14.LFOツイズル
15.LBIで2回転(これはループになるのだろうか)
16.ストップ
17.左トウを中心にピボット
18.RBOクロスロール
19.LFIに踏みかえ(シャッセ)
18.フリーレッグをちょんとやって
19.2歩走る
20.シャッセ
21.RFO-RBOロッカー
22.RBO-RFOカウンター
23.RFOツイズル
24.4ステップ
25.RFIブラケット?(フラットぎみ)
26.クロス
27.RBOに踏みかえ
28.カウンター踏切ハーフジャンプ
29.LFI-LBOスリー
30.踏みかえ
31.シャッセ
32.LFO-LBOロッカー
33.RBOでフリーレッグ大きく振り上げ
34.ループ踏切で前後スプリットバレエジャンプ
35.左足で降りて
36.RFI-LBIオープンモホーク
37.RBO

難しいターンもたくさん入ってますし、伸びやかでリンクを大きく使える振り付け
です。エッジ使いに気を付ければレベル4が取れるステップだと思います。

さて、ステップがどうこういうよりも、今回はこのショートプログラムのテーマについて
掘り下げたいと思います。
これは私独自の視点であり、拒否反応を示す方もいると思います。
嫌だと思ったら忘れていただいて結構ですので。

続きを読む
posted by mico at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

Yuna KIM 2013World FS ステップ解析



キム・ヨナ選手の演技には感服いたしました。
素晴らしいジャンプと淀みのないスケーティング。
音楽構造にぴたりとはまったステップシークエンス。
全てに余裕が感じられました。
私もこういう演技がしてみたいです^^;
彼女のジャンプは余裕をもって回転をしっかり止めて降りてくるから
降りた後も流れがあります。
回転を止められないと、降りたエッジに乗っていられませんからねー。
さて、ジャンプの話はこの辺にして。

キムヨナ選手フリーのステップは
1つめのトリプルサルコ―を跳んだあとです。

トリプルサルコー→クロス
1.トウホップ
2.RFIロッカー
3.RBIカウンター
4.RFIツイズル
5.LFOウインドミル
6.RBO
7.逆ルッツ踏切のハーフジャンプ
8.トウをついた足(左足)のトウで降りてRFO
9.右足のすぐ近くに左足(LFI)を置く(シャッセ)
10.LFI-RBIオープンモホーク
11.クロス
12.RFI-LBOクローズドチョクトー
13.クロス
14.LFOでフリーレッグ振り上げ半回転ジャンプ
15.左トウで降りて前向きRFI
16.イナバウワー半回転(軸足はRFIスリーかな)
17.RBO-LFI-RBOチョクトー
18.クロスしながらRBIにチェンジエッジ
19.RBIロッカー
20.RFIブラケット
21.クロスしながらRBIにチェンジエッジ
22.左トウステップ
23.クロスで深く頭を下げる
24.RFO
25.LFIツイズル
26.LBOカウンター
27.LFOループ
28.トウで止まる
29.クロス
30.RBIループ
31.LBOに踏みかえてカウンター
32.両足で手を上に
33.上半身を深く折ってキャーリング(ピボットとも言うかも。調べとく)
34.起きてクロス
35.左のトウで立つ
36.RFOストローク
37.クロス
38.RFI-LBIオープンモホーク
39.LBI-LFO-LBIダブルスリー(フリーレッグはアチチュード)



ロッカー、カウンター、ツイズル、ループが両方向に行われています。
難しい3つのターンの組み合わせは2〜4、25〜27です。
ターンの数は多くはないものの、ひとつひとつ確実にこなしている
という印象です。

NRWの演技と比べてみると、内容も少し変わってますが何より
全ての動きがはっきりとクリアーになっています。

6.のRBOとか25.のツイズル後のフリーレッグがぴーんと
伸びていて綺麗ですね。このフリーレッグを伸ばすことによって
スケーティングに伸びが生まれています。
ジャンプの着氷時にも言えることです。
あとループも回ったあとにしっかりフリーレッグを伸ばして
中途半端に終わらないように確実に描いています。
こういうフリーレッグの使い方が上手いなと思います。
それから上半身の使い方。
14〜16とか32〜33の上下動の仕方がとてもスムースでこなれてて
かっこいいです。キムヨナ選手はこういう動きが得意ですよね。

そして前半は曲の盛り上がりに合わせて
スピーディーにダイナミックな動きを、On my ownに切り替わった後は
スローで柔らかく女性らしい動きを取り入れており、
シークエンスの中で曲調に合わせてはっきりとした演技の
変化があるのも良いなーと思いました。







続きを読む
posted by mico at 20:00| Comment(3) | ステップ解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。